巨人戦で勝つことが目標だった…寺原133球力投

[ 2011年5月23日 23:04 ]

巨人に勝利し、ポーズをとるオリックス・山崎浩(左)と寺原

交流戦 オリックス4―1巨人

(5月23日 東京D)
 オリックスの寺原が133球の力投を見せた。力のある直球は最後まで球威十分で1失点完投勝利。7安打を浴びながらも打たせて取る投球で最後まで投げ抜いた。「腕を振って真っすぐや変化球をパン、パンと投げていった」と充実感に浸った。

 岡田監督からは七回終了後に「一人で行け」と完投を指示された。指揮官の思いに応えるように気迫あふれる投球を見せた。巨人から先発として初勝利も挙げた。「巨人戦で勝つことがトレード後の一つの目標だった。完投で勝つのはうれしい」と笑顔いっぱいだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース