黒田 初回に2発浴び6失点4敗目

[ 2011年5月23日 09:51 ]

1回、捕手のバラハス(右)と話すドジャース・黒田

 ドジャースの黒田博樹投手は22日、シカゴでのホワイトソックス戦に先発し、初回に2ホーマーを浴びるなど5回2/3を投げ、9安打6失点(自責点4)3三振2四球で今季4敗目(5勝)を喫した。チームは3―8で敗れた。

 ▼黒田の話 スライダーも良くなかったし、風があってシンカーも変化せず、苦労した。リズムをつくる前に打たれてしまった。ラミレスはタイミングが完璧に合っていて、何を投げても捉えられた。交流戦はそんなに意識しなかったが、相手の打線が良く、味方打線が良くないので守りに入ってしまった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース