菅野 意地のリベンジ31勝目で逆転Vに望み

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<東海大・武蔵大>8回途中降雨コールドながら武蔵大を無失点に抑えた菅野

首都大学野球最終週2回戦 東海大5-0武蔵大

(5月22日 平塚)
 首都大学野球は22日、最終週2回戦2試合が行われ、今秋ドラフトで巨人が1位指名を公表している東海大の菅野智之投手(4年)は武蔵大戦でリーグ史上6位タイの通算31勝目をマーク。1勝1敗とし逆転優勝に望みをつないだ。前日は3回6失点でKOされたが、7回を4安打無失点でリベンジ。試合は8回途中降雨コールドで、今季4度目の完封となった。一方、首位の日体大は筑波大を3―0で下し、13季ぶりの優勝に王手をかけた。

 負ければリーグ最多タイの9季連続優勝が消滅する重圧の中で、菅野=写真=が意地を見せつけた。大学では初の2試合連続の先発。MAX157キロの自慢の速球は封印して140キロ台前半の直球を低めに集めた。奪った三振は6つだったが「内容よりも勝てる投球をしました」と振り返った。

 初戦は大学自己最短となる3回6失点KO。試合後は「精神的に相当きていた」(横井人輝監督)という。だが、責任感のある菅野を気遣った東海大相模時代の恩師・門馬敬治監督から「気負いすぎないで智之らしくマウンドに上がれよ」とメールが届き気持ちが楽になった。「あらためて自分一人ではどうしようもできないと思った」と、仲間を信じて打たせる投球で悪夢を振り払った。

 23日の3回戦も先発が濃厚。「3連投は覚悟できている」。自力優勝はないが、わずかな望みを信じて今季リーグ戦最後のマウンドに上がる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース