ロッテ5連敗で借金2…12球団唯一交流戦未勝利

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<広・ロ>6回、トレーシーに右中間適時二塁打を打たれ同点とされる渡辺俊(左) 

交流戦 ロッテ1-4広島

(5月22日 マツダ)
 ロッテは1分けを挟む5連敗で借金2。交流戦では12球団で唯一、いまだ白星がないままだ。

 1―1で迎えた8回に3番手ロサが栗原に勝ち越し3ランを浴びたが、西村監督は「それまでに点を取ってあげないと。最近同じ展開が続いている」と低調な打線に奮起を促した。不運も重なった。7回2死三塁の勝ち越し機。代打・神戸の一塁を強襲した打球が二塁手の前に転がり、ヘッドスライディングも実らず「持ってないですね。(俊足の)岡田の足があれば…」と悔しがった。

 ▼ロッテ・渡辺俊(6回1失点の好投)前回(15日楽天戦で1回2/35失点)から修正できた。ボールに力を感じた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース