マック鈴木 リーグ戦初先発で「まずまず」2回1失点

[ 2011年5月23日 06:00 ]

関西独立リーグ 神戸3-4大阪

(5月22日 上富田)
 関西独立リーグ・神戸のマック鈴木投手兼任監督(35)が22日、大阪戦(上富田)でリーグ戦初先発した。

 7回を2安打無失点。17日のリーグ戦初登板はリリーフで2回1失点だったが、7四死球ながら7三振を奪った投球を「まずまず。納得いく内容です」と振り返った。チームは3-1の9回に3失点して逆転サヨナラ負け。「自分もチームも状態を上げていきたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース