松井 リンスカムとの「背番号55対決」に完敗

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<ジャイアンツ・アスレチックス>6回、二塁ゴロに打ち取られる松井

交流戦 アスレチックス0-3ジャイアンツ

(5月21日 サンフランシスコ)
 6回に代打で出場したアスレチックスの松井が「背番号55対決」に完敗した。

 08、09年にサイ・ヤング賞を獲得し、目下3年連続リーグ奪三振王の背番号55の右腕リンスカムと対戦。2ボールから待ち構えた速球に、「予想外の軌道だった。ストレートがカット気味にきた」と、バットをへし折られて二ゴロに倒れた。公式戦初対戦に、「(リンスカムは)全ての球の切れがいいし、なおかつ制球もいい」と振り返った。チームもわずか3安打での零敗で、今季ワーストの4連敗。「シーズン中にこういう時は必ずある。早く抜け出せれば…」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース