岡本篤 中日戦の悪夢を振り払い4セーブ目!

[ 2011年5月23日 06:00 ]

交流戦 西武2-1阪神

(5月22日 甲子園)
 延長11回に登板した西武の岡本篤が、悪夢を振り払って4セーブ目を挙げた。

 先頭打者に安打を許したものの、代打・林威助をこの日5個目の併殺打に仕留め無失点に抑えた。20日の中日戦(西武ドーム)では5点リードの9回に登板し、3四球などで逆転負けを許していただけに「監督には同じミスは2回するなと言われていた。前回のことを払しょくできました」とホッとした表情だった。

 ▼西武・帆足(4併殺を奪うなど9回7安打1失点)最初から勝負球のつもりで投げた。その結果が併殺になったと思う。先頭を出し過ぎました。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース