松井 被災地支援に5000万円寄付

[ 2011年3月19日 19:15 ]

 日本赤十字社の石川県支部能美市地区は19日、米大リーグ、アスレチックスの松井秀喜(36)から東日本大震災の被災者へ5000万円の義援金を18日に受けたことを明らかにした。能美市は松井選手の出身地。

 松井選手は米アリゾナ州で春季キャンプ中で、大震災については「今はただ心配している」などと話していた。

 松井はこれまでに、2004年スマトラ沖地震の被災地復興で5000万円を寄付したほか、07年の能登半島地震の災害義援金として石川県共同募金会に1000万円を送るなど、被災地支援の活動を行っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース