松井のアスレチックス“寄付つき入場券”

[ 2011年3月19日 06:00 ]

<アスレチックス・カブス>7回、無死、左前打を放つ松井

東日本大震災

オープン戦 アスレチックス6―5カブス
(3月18日 フェニックス)
 ゴジラが球団とコラボして被災地を支援する。松井が所属するアスレチックスは17日(日本時間18日)、東日本大震災の被災者への支援プロジェクトを発表した。「今回の災害で球団全体が心を痛めているし、松井も明らかに悩んで苦しんでいる。被災者のために何かしたかった」とケン・プリース球団取締役兼副社長。松井も「少しでもお役に立てればいい。素晴らしい提案だと思います」と話した。

 目玉は開幕3戦目の4月3日(同4日)マリナーズ戦での、入場券1枚につき1ドル(約82円)の寄付。当日はもともと「日本デー」として先着1万人に松井Tシャツが無料配布される予定があったことに加え、日曜日でもある。ボブ・ローズ広報部長も「たくさんの来場者を見込んでいる」と松井効果に期待。さらに同日には松井、マ軍・イチローが開幕戦で袖を通したサイン入りユニホームがオークションにかけられる。

 松井自身はこの日のカブス戦に5番・DHで出場し2安打。7回には昨季手を焼いた左投手から左前打し「うまく打てた」と手応えを口にした。1人でも多くの人の力になるために。松井はグラウンド内外で奮闘し続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース