セ・リーグは29日に開幕延期 4月3日までデーゲーム

[ 2011年3月19日 21:28 ]

 プロ野球セ・リーグは19日、東京都内で臨時理事会を開き、東日本大震災の影響を考慮して、当初の25日の公式戦開幕を29日に延期することを決めた。東京電力と東北電力管内の試合を4月3日まではデーゲームで行い、5日以降の両管内のナイターを「減灯ナイター」として節電に努める。

 当初予定の開幕3連戦、巨人―横浜(東京ドーム)などを、レギュラーシーズンの最後に回す。

 このほかに(1)レギュラーシーズンの延長戦を実施せず九回打ち切り(2)東京、東北電力管内では夏場も可能な限りデーゲームでの開催を検討(3)被災地対策や観客、選手、球場の安全確保や節電問題などに対処するためセ、パ合同での震災対策会議の設置―を決めた。

 リーグは「ファンの皆さまへ」と題した文書で「選手の真剣なプレーをお見せしながら復興を全力で支援したい、という気持ちに変わりはありません」とし、節電配慮の開催へ理解を求めた。

 開幕カードは横浜―ヤクルト(横浜)阪神―中日(京セラドーム大阪)広島―巨人(マツダスタジアム)となった。

 日本野球機構(NPB)は17日にセは予定通り25日に開幕すると発表した。しかし、18日に文部科学省からナイター開催を自粛するよう異例の要請を受け、対応を協議していた。

 17日の記者会見でプロ野球の加藤良三コミッショナーは、監督官庁、政府の指示には従う意向を示していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月19日のニュース