憲伸、2回零封も課題…「置きにいってる」

[ 2011年3月19日 06:00 ]

ナショナルズ戦に登板し、2回を1安打無失点と好投したブレーブス・川上

オープン戦 ブレーブス7―6ナショナルズ

(3月18日 オーランド)
 招待選手のブレーブス・川上が6回から2番手で登板し、2イニングを1安打無失点に抑えた。ただ鋭い打球が野手の正面に飛ぶ場面もあり「スライダーは低すぎ、フォークは中途半端でいい当たりをされた。置きにいって、投げ切れていない」と課題を並べた。

 次回も中2日程度で2イニングを投げる予定で、先発の川上には難しい調整が続く。ゴンザレス監督は「マイナー相手に長い回を投げさせるかも」と気遣いを見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース