西岡、技あり7試合連続安打 指揮官ベタ褒め

[ 2011年3月19日 06:00 ]

タイガース戦の3回、右前適時打を放つツインズ・西岡

オープン戦 ツインズ3―4タイガース

(3月18日 レークランド)
 ツインズ西岡がタイガース戦の3回、1死一、二塁で先発ペニーの外角に沈むチェンジアップをうまくすくい上げ、一時勝ち越しとなる右前打を放った。

 連続試合安打も7に伸ばし「チャンスの場面でしっかり拾って、ヒットを打てたのは良かったです。(連続安打は)1本でも多くシーズンに取っておきたいなと思います」。同じア・リーグ中地区のライバルに存在感を示し、ロン・ガーデンハイアー監督も「相手はうまく投げたのにラインドライブを打ち返した」と目を細めた。今季の出場試合についても「二遊間の平均は145~155試合(全162試合)。そのくらい出られると思う」と信頼を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース