「中止も検討…今後もまだありうる」

[ 2011年3月19日 06:00 ]

センバツ開催を決定し、記者会見する日本高野連の奥島孝康会長

選抜高校野球

(3月23日 甲子園)
 ◇高野連・奥島会長に聞く◇

 ――開催の理由は。

 「被災地にある選出校の出場の意向が強いことと、全国から集まった出場校がサポートしてくれるということで最後は全会一致で決まった」

 ――中止を考えたことはあるか。

 「中止も含めて十分検討した。放射能汚染の動向によっては今からでもありうると思っている」

 ――プロ野球のセ・リーグが前日に25日開幕を発表したが。

 「全く影響ない。判断要素に加えていない」

 ▼漫画家やくみつるさん 何もかも自粛して、日本全体が萎縮してしまうことは、あまりよくない。高校野球が単なる大衆娯楽ではなく、教育の一環だという大義にかえって考えれば、開催もいいのではないかと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース