由規「少しでも力に」福岡、京都でも募金活動

[ 2011年3月19日 16:38 ]

東日本大震災の復興支援のため、試合前に募金活動をするヤクルトの由規(右手前)ら

 プロ野球オープン戦で19日、ソフトバンク―ヤクルトのヤフードーム(福岡市)、オリックス―広島のわかさスタジアム京都(京都市)で、東日本大震災の復興支援へ選手が募金活動を行った。

 宮城・仙台育英高出身のヤクルト・由規は「少しでも力になれれば」とファンに呼び掛けた。東北福祉大出身でオリックスの岸田選手会長は「気持ちを(被災地に)届けようと、みんなが協力してくれてありがたかった。これからも支援していきたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース