秋田出身、率先して…先発登板の石川も募金活動

[ 2011年3月19日 18:18 ]

オープン戦 ヤクルト0―4ソフトバンク

(3月19日 ヤフードーム)
 試合前の選手による東日本大震災の復興支援の募金活動はソフトバンクの呼び掛けで実施され、先発登板を控えた選手会長の石川らヤクルト勢も参加した。募金のために列ができ、秋田出身の石川は「スワローズとしてもやろうと思う」と胸を打たれた様子だった。

 調整が難しい状況が続く。試合では制球に改善の余地を残し、5回で7安打されたが2失点と踏ん張った。「シーズンもいい時ばかりじゃない。何とか粘れた。気持ちにぶれはなくマウンドに立てた」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月19日のニュース