ダル 10日の登板回避も「シーズン中だったら投げていた」

[ 2011年3月9日 19:01 ]

 日本ハムの開幕投手に指名されているダルビッシュが、予定されていた10日の中日戦(岐阜)の登板を右肘に張りがあるために回避することが9日、分かった。ダルビッシュは「シーズン中だったら投げていた。開幕も近いし」と話し、深刻な状態ではないことを強調した。

 この日は千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で練習し、異変を感じさせない投球フォームでキャッチボールを行った。梨田監督は「そんなに無理する時期じゃない」と話し、芝草投手コーチは「昨年より体が大きくなって、統一球にかわって張りが出てくるところも変わってくる」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース