監督明言「西岡が1番打つこともある」

[ 2011年3月9日 06:00 ]

守備練習をするツインズ・西岡

 ツインズのロン・ガーデンハイアー監督が、公式戦で西岡を1番で起用する考えがあることを明かした。1番はスパンの指定席だが、指揮官は昨季全162試合中153試合に出場したリードオフマンの休養日を増やす方針で、その場合は「ニシが1番を打つこともある。2番から1番に打順を上げることをためらったりしないよ」と説明。6日のオリオールズ戦では三塁打を含む2安打をマークした西岡を代役の筆頭候補に挙げた。

 この日はオープン戦に出場せず、午前8時から精力的に練習を行った西岡。クラブハウスでは仲のいいスロウイーらから「三塁打のお祝い」として、ロッカーの木製扉を外しテーピングで漢字の「祝」と書かれたものをプレゼントされた。突拍子もない発想に苦笑いしたが、今後については「大きな課題はない。開幕にしっかり活躍できる体をつくりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース