昨夏“新人賞”安達が4番で値千金一発

[ 2011年3月9日 06:00 ]

<NTT西日本・東芝>7回無死二、三塁、左越えに3ランを放ち、ベンチの祝福を受ける東芝・安達(中央)

スポニチ大会 東芝3-2NTT西日本

(神宮)
 主砲の一発で初戦をものにした。東芝は2点を先制された直後の7回、無死二、三塁から4番・安達が左越え逆転3ラン。「打った瞬間行ったと思いました。真っすぐ一本で待っていました」としてやったりの表情だ。

 安達は昨夏都市対抗では主に1番を打ち、新人賞にあたる若獅子賞を獲得。今季から4番に座る上武大から入社2年目のドラフト候補生に、印出監督も「つなぎの4番という感じだけど、軸になりつつある」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース