オープン戦大当たりのグスマン 右方向へ一発

[ 2011年3月9日 06:00 ]

<中・ヤ>4回、中日のグスマンは右越えソロを放つ

オープン戦 中日1-6ヤクルト

(刈谷)
 期待の新外国人のバットから待望の本塁打が飛び出した。オープン戦8試合目の出場での第1号に、中日のグスマンは「特に心配はしていなかった。きちんと呼び込んで打てた」と満足そうに話した。4回1死からバーネットの外寄りの変化球を逆らわずにはじき返すと、打球は右翼席へ飛び込んだ。

 これでオープン戦出場8試合中7試合連続で安打を記録、打率・417。「外のボールは右に、インコースだったら左に打つだけ」と話すように、1メートル96、113キロの巨体に似合わず、広角に打ち分ける打撃はいかにも日本向きだ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース