尚成 要所で抑えて2回0封「一段階上がったと思う」

[ 2011年3月9日 09:33 ]

オープン戦 エンゼル2―1レンジャーズ

(3月8日 テンピ)
 エンゼルスの高橋尚成投手は0―0の5回から3番手で登板し、2回を2安打無得点に抑えて勝ち投手となった。チームは2―1で勝った。

 初登板から中3日だった高橋は「微妙な制球はシーズン中とは程遠いが、2回を投げられた。一段階上がったと思う」と収穫を口にした。

 立ち上がりからボールが先行して2死一、二塁とされた。マーフィーにも2ボールとなったが、打ち気にはやる左打者の胸中を見透かすように速球を外寄りへ。「自分の球が動くのは計算に入っている」と芯を外して一ゴロに仕留めた。

 ソーシア監督を「カウントを悪くしても要所で抑えた」と安心させた左腕は「相手の打ち損じもあった。いまは結果よりも課程が大事」と先を見据えた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース