バスケで転んで肋骨骨折 ブルワーズ右腕開幕絶望

[ 2011年3月9日 13:06 ]

 米大リーグ、ブルワーズのザック・グリンキー投手が肋骨を亀裂骨折していることが8日明らかになった。有力視されていた開幕戦での登板は絶望的となった。複数の米メディアが伝えた。

 グリンキーは2月にバスケットボールで遊んでいた際に転倒して負傷した。同投手はロイヤルズ時代の2009年に16勝8敗、防御率2・16の好成績でア・リーグのサイ・ヤング賞を獲得。昨シーズン後にトレードでブルワーズへ移り、先発の柱として期待されていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース