渡辺俊は統一球を歓迎「どんどん勝負できる」

[ 2011年3月9日 18:10 ]

オープン戦 ロッテ1―3オリックス

(3月9日 京セラD)
 ロッテは今季初めてドーム球場で試合を行い、無風の状態で、統一球の低反発を実感した。2回に大飛球を放つも中飛に終わった竹原は「完全に行ったと思った。失速するのが早い。打者泣かせ」と苦笑した。

 1回にフェンス手前の中飛を打った清田も「フェンスに当たったと思った」。ただ、投手陣では2回無失点の渡辺俊が好印象を口にした。「変化が大きい。飛ばないボールで外野フライを打たせられる。ドームでもどんどん勝負できる」と歓迎した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース