中山 2戦連続好投でローテ入りアピール

[ 2011年3月9日 15:53 ]

ロッテ戦に先発し、5回を1失点と好投したオリックス・中山

オープン戦 オリックス3―1ロッテ

(3月9日 京セラD)
 オリックスの中山が5安打を浴びながら5回1失点と踏ん張った。コースを突く投球で、失点は4回に井口から浴びたソロ本塁打のみ。「崩れそうになるのを何とか粘れたのが良かった」とほっとしていた。

 捕手の日高による3度の盗塁阻止も大きかった。「すごく助かりました」と苦笑い。前回登板の2月26日の阪神戦では4回無失点。2戦連続の好投でアピールした。先発陣では左腕は少ないだけに中山の活躍は明るい材料だ。「本当にオープン戦は一戦一戦が勝負」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月9日のニュース