斎藤「身の危険感じた」妙齢の女性ファンの手が股間に…

[ 2011年2月7日 07:12 ]

<日本ハム・名護キャンプ>キャンプ初の日曜日で大勢のファンに囲まれ困惑顔の斎藤

 名護市営球場は今キャンプ初の日曜日。前日の1200人を大幅に上回る3000人のファンでにぎわった。「予想以上ですね」と感謝した斎藤が、ドッキリさせられたのは正午すぎだった。

 サブグラウンドから本球場へ戻ろうとした際、歩道からロープ越しにファンが押し寄せてきた。1人が転倒するなどパニック寸前となったドサクサ!?に紛れ、妙齢の女性ファンの手が股間部分に伸びてきた、ように見えた。慌てて人混みをかき分けて危機を脱した斎藤は練習終了後「身の危険を感じないといえばウソになります」と苦笑いするしかなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース