力強い投球に納得の今村「結構詰まらせていたかな」

[ 2011年2月7日 17:53 ]

 今季飛躍が期待される広島の2年目・今村が7日、フリー打撃で打撃投手を務めた。木村らを相手に48球を投げ、力強い内角球で抑え込む場面も。背番号16は「悪くなかった。結構詰まらせていたかな」と納得の表情を見せた。

 首脳陣の評価も上々で、12日に予定される日本ハムとの練習試合でも登板する予定。大野投手チーフコーチは「力強さを出していく意識が見えた。成長してくれている」と目を細めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース