藤川 スローカーブで“下半身の残り”をチェック

[ 2011年2月7日 06:00 ]

<阪神・宜野座村キャンプ>藤川(左)の投球を見つめる小林宏

 阪神の藤川がブルペン入りし、今キャンプで初めてスローカーブを10球投げた。

 「緩いカーブを投げても下半身が残るかどうかという確認」と説明。きれいな軌道は下半身が出来上がった証拠で、自主トレから徹底的に行ってきた走り込みの成果を実感した。後方で観察していた新加入の小林宏も「フォームが安定してバランスも良い」と感心。守護神は火の玉ストレート復活へ順調にステップを踏んでいる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース