星野監督 キャンプ初サイン会で“命の恩人”に再会

[ 2011年2月7日 06:00 ]

<楽天久米島キャンプ>野球教室に参加する子どもたち全員に「夢」とサインする星野監督

 楽天の星野監督が沖縄・久米島キャンプで初めてサイン会を行った。

 練習後に開催された少年野球教室に参加した5つの野球チーム、計80人にプレゼント。その中にはキャンプ初日に迷子になった星野監督を救出した石嶺綾一君、安里太一君、喜友村佑貴君の小学6年生3人もおり、最後の3人目で気づいた指揮官は「声掛けてくれよ、寂しいやないか。命の恩人なのに」と笑っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース