森本 右肩痛めて別メニューも「練習きつい」

[ 2011年2月7日 06:00 ]

<横浜・宜野湾キャンプ>球場近くの海沿いを散歩する森本

 故障したら練習がきつくなった?!日本ハムから移籍した横浜・森本が、前日の打撃練習中に右肩を痛めたため別メニュー。ところが「ケガなんてするもんじゃない。練習が予想以上にきついよ」と音を上げた。

 診断は「右肩の機能低下」。キャンプ初日に「横浜は練習がきつい」と漏らしていた30歳は、別メニューなら軽め…と予想していた。しかし課されたのは100メートルを20秒で走り、そのあと40秒休むことを10度繰り返すインターバル走など。驚きながら必死に取り組んだが、途中では疲労のあまり絶叫した。

 右肩を痛めたのはプロ入りした99年以来とあって「球数も投げすぎたけど、みんなの期待を右肩で背負ってしまったようだ。声は元気ですが」と嘆き節も。横浜の明るさを象徴する存在。復帰は10日以降の見込みだが、それまでハードな別メニュー調整を行う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース