中継ぎエースの摂津 先発転向に可能性浮上

[ 2011年2月7日 06:00 ]

<ソフトバンク・宮崎キャンプ>ブルペンで投球する摂津

 ソフトバンク中継ぎエースの摂津に先発転向の可能性が浮上した。

 2年連続70試合以上登板し、最優秀中継ぎ賞を2度受賞した右腕について高山投手コーチは「先発の可能性はゼロではない。本人の疲労はこっちが管理し一番力の出せる場所を探す」として、今後は紅白戦、オープン戦と先発と同じ調整をさせることを明かした。この日は4度目のブルペンで65球を投げ、今キャンプ早くも計360球に到達。「先発?もともとやりたかったし、そのつもりで投げる」と本人は意欲的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース