ドラ6川崎「鵜飼いトレ」で打撃練習

[ 2011年2月7日 06:00 ]

体の軸を意識させる練習で、ヤクルト・伊勢総合コーチは川崎の右ひざにひもをくくりつけて引っ張る珍練習を実施

 ヤクルトのドラフト6位・川崎(熊本ゴールデンラークス)が「鵜(う)飼いトレ」を体験した。

 テスト昇格で1軍に初合流。全体練習後は右膝にひもをくくりつけ、伊勢総合コーチにその手綱を引っ張られながらマシン打撃を行う珍練習をこなした。体の軸を意識させることが狙いで「右打者は軸がずれたら外角の球は打てん」と伊勢コーチ。川崎は「緊張しました。打撃は全然です」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース