ラミら巨人3外国人選手が「スペイン語講座」

[ 2011年2月7日 06:00 ]

<巨人・宮崎キャンプ>スペイン語教室で、ファンの子供に質問をするラミレス(左から2人目)(左端はゴンザレス、右端はアルバラデホ)

 サンマリンスタジアム前の特設ステージで巨人のラミレス、ゴンザレス、アルバラデホの3選手が講師となり「スペイン語講座」が開かれた。

 ラミレスはスペイン語でアルファベットの発音などを紹介し、ファンにサイン色紙もプレゼント。地鶏の炭火焼きとチキン南蛮も無料で振る舞い、最後はファンを前に「みんなで力を合わせて日本一になれるように頑張ります」と力強く宣言した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース