朴賛浩 フォーク修得へ木佐貫に弟子入り

[ 2011年2月7日 06:00 ]

<オリックス・宮古島キャンプ>木佐貫にフォークの握りを教えてくれるように頼む朴賛浩

 メジャー通算124勝のオリックス・朴賛浩(パク・チャンホ)が木佐貫に弟子入りした。

 前日のブルペンで落差の大きいフォークに着目。この日のキャッチボール中に歩み寄り、握りを教わった。「彼のボールが凄かったからね。日本はフォークを投げる投手が多い。打者がスイングするようになれば(試合でも)投げたい」。ツーシームやカットボールなど多彩な球種を持っている37歳の右腕だが、新球習得にどん欲だった。

 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース