城島宣言「イソップになる」 泣き虫先生からパワーもらった

[ 2011年2月7日 10:46 ]

 左膝半月板の縫合手術から再起を期し、2軍の高知・安芸キャンプに参加中の阪神・城島健司捕手(34)が6日、“泣き虫先生”から熱き魂を注入された。伏見工ラグビー部の山口良治総監督(67)がキャンプを視察。練習後に宿舎で講演会を開いた。

 ダイエー(現ソフトバンク)時代の97年以来の再会となる城島は気持ちも新た。「あしたの見出しは決まりましたね。“城島、イソップになる!”で。イソップです。死んでもスクール☆ウォーズには大事な人やろ?スクール☆ウォーズといったら、イソップやろ?短命でもいいんです」と、山口氏がモデルになった大人気ドラマ「スクール☆ウォーズ」の名脇役を引き合いに出し、今季にかける決意を示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース