スカイマーク改め「ほっともっとフィールド神戸」

[ 2011年2月7日 16:46 ]

2010年5月、交流戦のオリックス―ヤクルトが行われたスカイマークスタジアム

 神戸市は7日、プロ野球オリックスが準本拠地として使用している神戸総合運動公園野球場の新名称が「ほっともっとフィールド神戸」に決まったと発表した。市が命名権を公募し、市民代表らの審査会が最終決定した。

 命名権を得たのは、持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」や定食店「やよい軒」を展開する「プレナス」(福岡市)で、契約は14日から4年間。

 2005年から命名権を持っていた航空会社スカイマークが今月で満了の契約を更新せず、公募となっていた。

 公募には、カー用品店オートバックスを経営する会社などの持ち株会社「G―7ホールディングス」(神戸市)も名乗り出たが、年間3500万円を提示したプレナスがG―7社を500万円上回り、選ばれた。

 同球場は03年から命名権を募集。最初の2年間はヤフーBBスタジアム、05年からスカイマークスタジアムの名称だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース