ショックのマートン「相撲は真剣勝負だと…」

[ 2011年2月7日 06:00 ]

 八百長疑惑で大相撲春場所が中止となり、野球界からも中止を惜しむ声が上がった。

 大相撲ファンで知られるアスレチックスの松井は「相撲を真剣に応援してくださっているファンはたくさんいる。俺も一ファンだけど、そういう方々が一番残念だと思う」と沈痛な表情。中学時代に地元の石川県能美郡の相撲大会で個人戦優勝を果たすなど、幼い頃から親んだ。角界にも親しい知人がいるだけに「またいい形で相撲が戻ってくるよう願うだけ」と期待を込めた。

 また、阪神・マートンも「中止は残念」と話した。来日1年目の昨年、大相撲を観戦しファンになり「相撲は真剣勝負だと思っている」と八百長疑惑が信じられない様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月7日のニュース