遅ればせながら…横浜・ジョンソン 5試合3本塁打7打点

[ 2009年8月6日 16:48 ]

 横浜のジョンソンが全快宣言だ。最近5試合で3本塁打7打点。杉村打撃コーチの助言で踏み込む右足の上げ幅を小さくした打撃フォームに修整し、芯でとらえる確率が増した。「日本のストライクゾーンは左右高低の幅が米国より広いけど慣れてきた。これからもどんどん打つよ」と自信を口にした。来季も日本での野球を熱望する助っ人に向けて残りのシーズンの成績が大事となる。杉村打撃コーチも「日本の野球にアジャストしてきたね。打つことに関しては元々一流なんだから。今の打撃だと相手も怖がられる」と評価していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年8月6日のニュース