村松が汚名返上打!後半戦初のカード勝ち越し

[ 2009年8月6日 06:00 ]

 【ソフトバンク5―4ロッテ】ソフトバンクは後半戦初のカード勝ち越しで、首位日本ハムとの差を3ゲームに縮め、秋山監督も「この勝ちは大きい」と言った。同点の8回、2死一塁から代走の城所の二盗が里崎の悪送球を誘い一気に三進。四球で一、三塁とし村松が左前に決勝打を運んだ。同点の6回1死三塁で凡退し、7回に失策を犯した村松は「死ぬつもりで打席に立った。いい結果を出せてよかった」と心からの笑顔を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年8月6日のニュース