ノムさんも大喜び!新人左腕プロ初勝利は27人斬り!

[ 2009年8月6日 06:00 ]

<オ・楽>プロ初勝利を1安打完封で飾り、野村克也監督(右)から祝福される藤原紘通

 【楽天8―0オリックス】遅れてきたルーキーが大仕事をやってのけた。楽天・藤原紘通(ふじわら・ひろみち)投手(24)は5日、オリックス12回戦(京セラドーム)に先発。9回1安打、打者27人で仕留める準完全試合でプロ初勝利を挙げた。新人でプロ1勝目を準完全試合で飾ったのは史上初の快挙。楽天は4日の岩隈に続き2試合連続完投での連勝となり、野村監督に新たな“孝行息子”が現れた。

【試合結果
楽天グッズ


 最高の1日を締めくくるべく、投じたのは99キロの超スローカーブだった。27人目の打者・辻を右飛に仕留め、ようやく藤原から笑みが漏れた。1安打無四球完封。24歳の新人左腕が準完全試合で待望のプロ初勝利を挙げた。
 「長かったです。何度もチャンスをもらいながら…。本当にうれしい。早めに1本打ってもらって逆に良かった」。5回先頭のローズに右越え安打されたが、次打者を併殺に仕留めた。プロ8試合目、先発は7月14日以来5試合目。登板前まで0勝3敗、防御率6・35だった男が光輝いた。
 110キロ前後の普通のカーブより遅い、最遅93キロのスローカーブを駆使した。本来は直球の切れとスライダーで勝負する本格派。この日も「試合前は直球主体で、とバッテリーで話してました」。ところが、5回に初めて99キロのカーブを投げると面白いように相手打者のタイミングが外れた。そこからは90キロ台を6球も。三振は2個。早打ちを誘いわずか98球、2時間34分で料理した。
 即戦力と期待されながら、キャンプ中に左肩炎症で離脱し開幕2軍。7月1日の日本ハム戦で右手首に打球を受け2回途中6失点で降板すると、野村監督から「投げ方が気に食わねぇ。打者が合わせやすい。もう先発させられない。(利き腕の)左手に当たりゃいいのに」と辛らつなダメ出しを食らった。そこからは連日のシャドー投球を続け、腕の振りを確認。7月8日のロッテ戦では7回1死まで無安打投球を演じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月6日のニュース