岩村 負傷後初の遠征帯同で気分転換を

[ 2009年8月6日 06:00 ]

 左ひざ前十字じん帯部分断裂からの復活を期すレイズ・岩村が7日から西海岸に遠征するチームに帯同し、調整を行うことが決まった。これまではチームが遠征に出る場合はフロリダに残って調整を続けてきたが「環境や雰囲気を変えることが大事」と語った。この日は打撃ケージでカーブも打ち、スパイクを履いてベースランニングも行った。「チームは僕にDHは求めていない。守って走れるようにならないと」と岩村。今月下旬の実戦出場を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年8月6日のニュース