ロッテが13得点で大勝!成瀬は5勝目

[ 2009年8月6日 22:03 ]

 【ロッテ13-5ソフトバンク】ロッテが13得点で大勝。4回にバーナム・ジュニアの2点二塁打で同点。5回はサブロー、大松、竹原の3連続適時打で4点を勝ち越し、その後も加点した。成瀬は7回3失点で約2カ月ぶりの5勝目。ソフトバンクは投手陣が総崩れ。

 大松が4打点で、チームの敵地での連敗を12で止める勝利に貢献した。5回はしぶとく中前に落とす2点適時打。6回には、見逃せばボール球の低めの変化球をすくい上げる技ありの2ラン。「満足している」と納得の表情だった。
 一方で「最後の打席も直球を打ち損じた」とも。最近はファウルで粘った末の安打も目立ち「(ファウルする間に)打席の中で修正できている」と言いつつも、打ち損じがあることも確かだ。4番に座ってから1カ月がたつが「周囲が4番と見てくれるように」とさらに高い確率での打撃を見据えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年8月6日のニュース