松坂「誤解は解消された」復帰はいつ?

[ 2009年8月6日 10:01 ]

星野通訳(右)を交えてファレル投手コーチ(左)と話し合うレッドソックスの松坂

 故障者リスト(DL)からの復帰を目指すレッドソックスの松坂大輔投手は5日、キャッチボールなど約20分間の練習の後、通訳を交えてファレル投手コーチと1時間以上の話し合いを持った。

 前日には監督と長時間話し合ったばかりで、日本の一部報道が発端となり、米メディアに「球団批判」と受け止められた騒動に関しても釈明した。松坂は「今回こういうことがあって、さらにきずなが強くなった。必ず良い方向にいく。誤解されたことが解消されたので、すっきりとメジャー復帰に向けてトレーニングができる」と話した。また、米国記者からの取材に対しては冒頭に自ら英語で説明した。
 今後はフロリダ州フォートマイヤーズに戻り、11日にブルペンで投球練習を行う。ファレル投手コーチは「3日に一度のペースで3、4回ブルペンに入る」と説明。その後はマイナーでの調整登板が3試合以上予想されるため、メジャー復帰は9月にずれ込みそうだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2009年8月6日のニュース