きたぞ、きたぞレイズ「タフな戦い」制して猛チャージ

[ 2009年8月6日 15:10 ]

 昨季ア・リーグ覇者のレイズが調子を上げてきた。5日のレッドソックス戦で、4本塁打で6得点の長打攻勢で6―4と接戦を制した。2、3位直接対決で2連勝して2位レッドソックスに3差。3回に12号2ランを放ったクロフォードは「彼らとはいつもタフな戦いになる」と息をついた。本拠地9連戦を6勝3敗で乗り切り、貯金は今季最多の12。岩村が今月下旬の実戦復帰を目指している中で、さらなる猛チャージをかける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年8月6日のニュース