優勝候補・帝京はプロ注目“内海2世”と対戦

[ 2009年8月6日 06:00 ]

<全国高校野球 組み合わせ抽選会>東東京・帝京ナイン

 【組み合わせ抽選会】優勝候補の帝京(東東京)の初戦は第7日、プロ注目の左腕・山田擁する敦賀気比(福井)に決まった。夏2度目の優勝を飾った95年の準決勝で2―0で倒して以来の対戦に、前田監督は「強いチームでした。福井の名門なので選手層は厚いと思います」と静かに第一印象を語った。

 福井大会で49三振を奪い、OBの内海(巨人)らの記録を更新した相手エースについて問われると「まるっきり分かりません。左投手は東東京で結構やってきてます。そんなに気にしていません。時間がありますから情報を入れていきたい」。甲子園46勝の名将は対策に自信を見せた。
 春夏合わせて24回目の聖地。登場は遅くなったが「打線は今の調子を維持したい。何回も経験している。うまくもっていきます」。東東京決勝で24点を奪った猛打で“内海2世”を攻略し14年ぶり頂点へ弾みをつける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年8月6日のニュース