丸川五輪相、五輪観客上限は「5者協議で判断」 尾身氏提言「まだ何も見ていない」

[ 2021年6月18日 11:56 ]

丸川珠代五輪相
Photo By スポニチ

 丸川珠代五輪相が18日、閣議後の定例会見で東京五輪パラリンピックの観客数について「6月の5者協議で判断を行う。これから議論が大詰めになる。今回、政府で決めた上限規定を上回ることはない」と述べた。

 この日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が東京五輪パラリンピックの感染症対策に関する提言を大会組織委員会に提出。五輪相は「まだ何も見ていない。組織委が直接受け取っている」とし「どのように組織委が受け止めるか。できることはしっかり支えていく」と語るにとどめた。

 最大1万人で調整している観客とは別枠で、国際オリンピック委員会(IOC)関係者、スポンサーを入れる一部報道については「そこの議論はこれから。何も決まったことはない」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース