車いすバスケ パラ代表を発表、男子エース藤本は5大会連続選出

[ 2021年6月18日 05:30 ]

 車いすバスケットボールで東京パラリンピックの日本代表に内定した男女各12選手が17日に発表された。男子は5大会連続出場となるエース藤本怜央(SUS)、主将の豊島英(WOWOW)、鳥海連志(同)らが選ばれ、女子は藤井郁美(電通デジタル)、網本麻里(ビームス)らが入った。

 男女とも初のメダル獲得を目標に掲げ、男子の京谷和幸監督は「連係面で強化を図ってメダルに到達できるように準備していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース