東京五輪の海外関係者は約4万1000人に 「五輪ファミリー」を4割まで削減

[ 2021年6月18日 13:54 ]

国立競技場と五輪マーク
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、五輪で海外から来日する大会関係者の数が、当初の14万1000人から3分の1以下となる約4万1000人まで減る見込みと公表した。5月に約5万9000人まで減ったと公表したが、「オリンピックファミリー」と呼ばれるIOC(国際オリンピック委員会)関係者は3000人と変わらず、批判を浴びていた。今回の公表では「オリンピックファミリー」は約1200人と従来の4割まで減っており、中村英正大会開催統括は「(関係者の)同伴者がいなくなり、IOCの方でも必要性を検討した」と説明した。

 約4万1000人の割合は「オリンピックファミリー」約1200人(前回3000人)、NOC(各国・地域のオリンピック委員会関係者)約1万4800人(変わらず)、IF(国際競技連盟関係者)約3100人(前回4500人)、放送関係者約1万1900人(前回1万6700人)、プレス約4600人(前回5500人)、その他約5800人(前回1万4500人)。中村統括は今回変わらなかったNOC関係者について「減る余地もある」と話した。

 なお、東京パラリンピックで海外から来日する大会関係者も、5月公表の約1万9000人から約1万2000人に削減された。「パラリンピックファミリー」が前回の約2000人から約400人、放送関係者が約4000人から約1600人と激減している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース