丸川五輪相、選手村の酒類、コンドーム提供は「組織委で検討される」

[ 2021年6月18日 12:04 ]

丸川珠代五輪相
Photo By スポニチ

 丸川珠代五輪相は18日、閣議後の定例会見で東京五輪の選手村での酒類、コンドームの提供について「組織委員会で検討されると伺っている」と述べた。

 選手村では酒類の持ち込みが可能となり、16万個のコンドームが配布される方向。五輪相は「IOCによると(海外の)選手団7~8割がワクチンを接種して来る。大会関係者も選手との接触者は接種の準備を進めている」と感染予防が進んでいることを強調し「酒類、コンドームの配布については(組織委が)どのように検討されるか伺ってから相談したい」とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース