松山はイーブンパーでハーフターン 全米オープン第1日

[ 2021年6月18日 09:45 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第1日 ( 2021年6月17日    カリフォルニア州 トーリーパインズGC南C=7652ヤード、パー71 )

<全米オープン第1日>1番でショットを放つ松山(AP)
Photo By AP

 4月のマスターズを制し、メジャー2勝目を狙う松山英樹(29=LEXUS)は前半9ホールを1バーディー、1ボギーのイーブンパーで折り返した。

 前回大会王者デシャンボー、昨年の全米アマ優勝者ストラファシと同組で1番からスタート。3番で3メートルのパットを沈めてバーディー先行。7番はグリーン手前からのアプローチがカップに蹴られる不運もあり、1・5メートルのパーパットを決められずボギーとした。9番パー5は3打目をグリーン奥に外したが、1メートルに寄せてパーセーブした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース