男子ゴルフメジャーの全米オープンが開幕 注目の松山英樹はパー発進

[ 2021年6月18日 07:22 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第1日 ( 2021年6月17日    カリフォルニア州 トーリーパインズ=7652ヤード、パー71 )

<全米オープン第1日>1番でショットを放つ松山(AP)
Photo By AP

 男子ゴルフの今年メジャー第3戦が開幕。マスターズ覇者の松山英樹(29=LEXUS)は、前回大会優勝者ブライソン・デシャンボー(27=米国)、前年の全米アマチュア選手権覇者タイラー・ストラファシ(22=米国)と同組で1番パー4からスタートした。ティーショットを右ラフに入れるも、第2打をピン左4・5メートルに乗せる。バーディーパットこそショートしたが、危なげなくパーで滑り出した。

 トーリーパインズGCは毎年1月にファーマーズインシュアランス・オープンが開催されているが、メジャー仕様の難易度に設定されている。松山は「1月とは芝質が違う。グリーンが少し硬くなっている。とてもタフな戦いになる。ボギー以上にならないように攻めるのが大事」とマネジメントの重要性を強調していた。その言葉通り、ボールが見えないほどの深いラフからしっかりとグリーンを捉える2打目が光った。メジャー2勝目なるか、4日間の戦いに注目だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース