橋本会長 五輪の観客の有無について「非常に厳しい状況なら、お客さんは入れられない」

[ 2021年6月18日 20:00 ]

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が18日、記者会見を開いた。現在の最重要課題となっている観客の有無に関して、「リスクを払しょくできるところを最後まで探るのが組織委員会の仕事。できる限りの努力はして、他のスポーツと同様に観客に見てもらいたい。それでも非常に厳しい状況なら、お客さんは入れられない」と語った。

 午前中には、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が訪問。「無観客が望ましい」としながらも、開催の場合は(1)現行の大規模イベントより厳しい基準、(2)開催地の観客に限定、(3)感染が拡大した場合は無観客とするなどの提言を受けた。橋本会長は「多くの点で共通認識に立った提言を頂いた」と受け止め、「より感染リスクを避けるのは無観客だが、他方で観客を入れた場合も示された。さまざまな競技がエビデンスをつくっている。東京五輪・パラリンピックは特別で、より厳しい条件をつけるというのも理解している」と話した。

 週明け21日に行われる国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、日本政府、東京都との5者協議で観客の有無を決定する。「もっと早くに発表したいと話していながら、ここまで伸ばすことになったが、さまざまなシミュレーションをして準備してきた。チケットもあるのでここで決定しないと多くの方々に迷惑を掛ける。最終決断の時」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース